パーソナルスペースとコミュニケーション能力

心理学に「パーソナルスペース」という用語があります。会話において相手が自分に近づくのを許せる、心理的に踏み込んでもらいたくない距離の事です。例えば満員電車では隣の人との距離が近く、不快に思う事があります。

パーソナルスペースに他人が侵入すると、人は不快感や嫌悪感を覚えるのです。逆に家族や恋人などの親しい相手や好意を寄せる相手なら、簡単に受け入れる事ができます。

パーソナルスペースの4つの分類

アメリカの文化人類学者であるエドワード・ホールによれば、相手との関係と距離感は次の4つに分類されます。

1.密接距離:0~45cm

身体に触れる事のできる距離で、家族や恋人など親しい人に限って許されます。それ以外の他者が近づくと不快感を覚えます。

2.固体距離:45~120cm

手を伸ばせば相手に届く距離です。友人との会話などで、この距離を取る事が多いです。

3.社会距離:120~350cm

手を伸ばしても身体に触れる事はできませんが、会話は届く距離です。仕事で上司と接するときや、改まった場での適切な距離です。

4.公衆距離:350cm以上

複数の相手を一度に見渡せる距離です。講演会などの公式な場や、駅や公園などで見ず知らずの人同士が不快にならない距離といえます。

パーソナルスペースは人それぞれ

パーソナルスペースの距離感は男女で異なり、文化や置かれた環境によっても大きく変わります。TPOに応じてパーソナルスペースを意識しながら人と接する事も、コミュニケーション能力を高める1つの方法といえます。相手のパーソナルスペースにいきなり入ってしまうと、不快感や違和感を与える事にもなりかねません。

逆に、気になる相手のパーソナルスペースに勇気を出して飛び込まなければ、なかなか親しくなれないものです。また、自分にとっては心地良い距離でも、相手にとってはそうではない可能性がある事にも注意しましょう。これがわかると打合せや合コン(笑)でも優位になる座席の位置をキープできます。

パーソナルスペースをビジネスに活かす

パーソナルスペースは仕事の様々な場面で活用できます。仕事上の付き合いでは無理に距離を縮めるよりも、お互いに気持ち良く会話できる距離を保つ事が大切になってきます。

職場でどのように机を配置するかを決めるときにも役立ちます。隣の人との距離が近すぎると、不快感を抱えたまま仕事をする事にもなりかねません。まずは自分のパーソナルスペースを診断し、相手のパーソナルスペースを知る事で、良好な関係を築く事ができるでしょう。部下の悩みについて聞くときに座る位置も配慮できることで活用もできますね。

コミュニケーション能力を向上させるなら、スピードコーチングの講座がおすすめです。
セミナーでは、世界NO.1コーチであるアンソニーロビンズの実践心理学をもとに、役立つスキルを伝授します。会話能力・営業スキルの向上にお役立てください。

※料金や内容のお問合せ内容の詳細については
info@spcoach.jp までお問合せください。
MOVEコーチング講座へのお申込みはこちらへMOVEコーチングお申し込みはこちら

インカンテーション・ワークについてはこちらへインカンテーションワークはこちら

コミュニケーション力の必要性
社会人に求められるビジネススキル
笑顔の大切さとつくり方
管理職の力不足の要因
良好な人間関係を築くコツ
セルフイメージを高めよう
ビジネスに活かせるコーチングスキル
パーソナルスペースとコミュニケーション能力
部下のモチベーションを上げるには
親子・恋人・夫婦の人間関係改善のポイント