管理職の力不足の要因

近年では、管理職の力不足が問題となっています。管理職がしっかりとした力を持っていないと、企業として成長する事は難しくなります。そんな管理職の力不足には、どういった要因があるのでしょう。

やる気の基本を理解していない

管理職として上手く立ちまわる事ができない方の中には、やる気の基本をしっかりと理解していない方も多くいらっしゃいます。相手が行動したくなるには、どういった事があるのか、何をすべきなのかを把握していないのです。

そのため、話し方が曖昧になってしまい、上手く立ちまわる事ができなくなってしまいます。こういった管理職が相手のやる気を起こす仕組を理解する事ができない原因として、レバレッジ"の使い方をしっかりとトレーニングされていない!という事があります。

レバレッジとは

なかなかできなかった夏休みの宿題が8月31日になると急にできるようになったり、
好きな人が部屋に来るとなった瞬間、できなかったかたづけが一気にできたり・・・・。
そんな経験ありませんか?

レバレッジとは行動をせざるを得ない、そんなモチべーションを生み出す原動力です。

レバレッジを知ることで管理能力や交渉上手に

レバレッジには"痛み"と"快"の2種類があります。相手によってこの"レバレッジ"のポイントが異なります。
部下やまわりの人の"レバレッジ"ポイントが解れば人は言われなくてもどんどん行動するようになります。

人材育成にかける時間をとる事ができないというのも、管理職の力不足となってしまう大きな要因となっています。「業務が忙しい」「人材育成にあてる時間はどのくらい必要か?」など、時間が不足してしまう原因はそれぞれですが、小手先だけでなく、きちんとスキル、ヒューマンスキル、そして土台となるメンタリティーの力を向上させる時間をとって管理職や会社員として必要な力を養うべきでしょう。

企業でマネジメント力の向上やモチベーションの向上をお考えなら、スピードコーチングをご利用ください。スピードコーチングでは、ビジネスの現場においても社内の人間関係においても、人が感情を持っている限り必要になってくるコーチングのメソッドを提供しております。

マネジメント力、特にものの見方の広げかたは、管理職にとって必須スキルとなっています。スピードコーチングのセミナーは、マネジメント力向上にもお役立つ事ができますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

※料金や内容のお問合せ内容の詳細については
info@spcoach.jp までお問合せください。
MOVEコーチング講座へのお申込みはこちらへMOVEコーチングお申し込みはこちら

インカンテーション・ワークについてはこちらへインカンテーションワークはこちら

コミュニケーション力の必要性
社会人に求められるビジネススキル
笑顔の大切さとつくり方
管理職の力不足の要因
良好な人間関係を築くコツ
セルフイメージを高めよう
ビジネスに活かせるコーチングスキル
パーソナルスペースとコミュニケーション能力
部下のモチベーションを上げるには
親子・恋人・夫婦の人間関係改善のポイント